一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

料理している時に油がはねて
手の甲に火傷をしました。
熱いと思ったけど大丈夫〜と放っておいたら
5mmくらいのかさぶたができるほどの
怪我になってました。

それを見つけたKちゃん2歳。

『どうしたの?』
『お料理してたら火傷しちゃったの』『いたい?』
『もう痛くないよ』

ここでひとこと。


『ないちゃった?』




見た目、痛そうだったから
泣いちゃったと思ったんでしょうか。
その発想がかわいくて、意外で、
心配そうな表情に
やさしさを感じました。

ありがとうね、Kちゃん。
おばさんになると痛みに鈍くなるから
先生は泣かなかったよ!

1歳児クラスでは
噛みつきや引っ掻きなどによる怪我が絶えず、
解決策を模索中である。

噛みつきは2歳児クラスになる頃には
収まる問題なのだが
それを悠長に待ってはいられない。
未然に防ぐこと、
噛みつく子へなんらかの対応を
しなければならない。

のだが…


一対一で関わるのを重視するのか
ひとりだけ特別扱いするのはよくないから
あくまで集団の中で関わるのか
個々で考えが違って、まとまらない。

誰かの考えが絶対に正しいとは限らない世界で
方針を決めるのは難しい。


というよりも、
根本的に保育士間の連携が悪いことが
問題ではないかという気がする。

お互いを信頼して仕事を任せていないし、
子どもたちをきちんと見つめて
受け止めることができていないのだ、
多分。


また、保育室の人口密度が高すぎる、
コーナーを上手に設けていないの環境も
噛みつきやトラブルを誘発する原因である。


と書いていて
問題山積の園だと改めて思った。。。


今迄も噛みつきはあったけれど
こんなに頻発するクラスは初めてだ…







保育園の乳児クラスは
複数担任が多いので
組む相手によって
仕事のやりやすさや充実度が変わります。

今年度0歳クラスで
30代のベテランB先生と組んだ
2年目のM先生。
最初は適度に緩いのんびりムードで
うまくいっていたものの、
3歳児以上の経験が長いB先生の
乳児保育に対する認識の甘さが見えてくるにつれ、
M先生は悩み始めてしまった。

子どもたちに"やさしい"のではなく
甘やかしているB先生。
しかし後輩の身ではそれを指摘することはできず、
時に保育の邪魔になる(ーー;)B先生を
もてあましている様子。
保育観は違って当然だが
方針が違う、ダブルスタンダートになってしまうのは困る。
子どもたちも混乱するだけ、
人によって振る舞いを変えることを
覚えさせてしまうだけだ。




M先生のやりづらいところを
少しでも軽減してあげたいけれど、、、
私に何ができるのか?

私たちパートのおばさんも
どうこのふたりの間に介入しようか
思案中である(-_-)

真面目なタイトルですが、
書きたいことはそうでもなくて(^^;;

男性の保育者が増えてきて
今の職場にも三人います。

そのうちのひとりは二歳児クラスの担任。
彼が出勤するとクラスの女児が
『T先生(#^.^#)』
とやや照れながら近寄る。

2歳3歳にして、その姿はオンナのコ。

わたしのT先生(#^.^#)

と、誰もが思っているようである(笑)


それだけじゃなくて、お母さん方も
T先生と話す時は若干表情が違う?

やっぱりちょっと照れたような、
微笑み方とやさしい瞳になるんだよね。

決して彼はイケメンくんではないのだが(失礼!)
明るくて感じのいい青年である。

人間、同性と異性じゃ態度が違うのが自然なのかな?と思うようになりました。


かくいう私も、実は男の人と仕事する方がラク。
そして多分、同性からすると男の人に甘え上手なイヤなオンナに見えることがあるかもしれない(^^;;


そのことに気づいたのは最近。
詳しくはまた、機会のある時に♪

JUGEMテーマ:お仕事


出産前の職場の同僚と
不意に街で会った。 

彼女は仕事のできない困った新人だった。
製作のアイデアが浮かばず、
書類の締め切り日に休み
(翌日平気で出勤できる)、
保護者に無神経な発言をする、などなど…


結婚退職して数年後、
2人の娘の母親になっていた彼女は
生まれたばかりの娘の持病にも
まったくめげていない様子だった。



仕事はあんな調子だったから
幼稚園の役員を一緒にやったら
大変なことになりそうだけど、
ママ友としては害がなくて
気楽な相手かもしれないとふと思った。



仕事ができる=家事育児が得意
ではない。
仕事ができるから幸せとも限らない。


幸せって、特に女の幸せって
何なんだろう?と考えてしまう。

娘を持つ母として。

ホームページにも似たようなタイトルの記事を書いたことがあるんだけれど。

ワガママくんが給食を食べない!と毎日騒ぐのを見ながら、静かに自分で食べている男の子。
彼は生活面全体においていい子なのだけど、家ではキーッと怒って泣き出してしまうと手が付けられないという。


そして今日は担任がいなかった。

ワガママくんが例によってタベナイ!と騒ぎだし、それに対抗してワガママくん二号がスープ!とご飯を食べ終えていないのにスープを要求。

するといつも静かな彼がインナイ!スープ!と始まった。
彼も担任の前ではいい子、だったのだ。
正職員が交代で夏休みを取っているため、今日はいつも一歳児クラスに入ることのない先生がいたのもあって 彼は"ワガママ"を言ってみたのだろう。

担任がいない分、個性の強いメンバーの対応が大変なのに(^^;; こんな時にいつも言わないこと言い出して〜、と思う反面、あぁちゃんとワガママ言えるんだな、とちょっと安心した。

彼はいつもどれだけ、保育園で我慢しているのだろう。一歳児クラス、実年齢は二歳であっても素直で真面目な性格だと、割を食ってしまうのかもしれない。

ワガママくんたちは家でも園でも変わりなく自分の思いを通そうとする。
真面目ないい子だと、ここはこう振舞うべき、と自分の気持ちを抑えてしまう。
そのコントロールができることは社会性の面で大切だと思うけれど、行き過ぎた抑圧は考えものだ。

彼は園で気持ちを抑えている分、家では爆発してしまうのかなとふと思った。

適度に発散させていかないと、、、そのためにはどうしたらいいのだろう、とまた答えのない問題にぶち当たるのでありました。


一歳児クラスで毎年必ず起こる、かみつき。

今年かみつく子は、近くに来た子を、というより『腕』を噛むので厄介です。
おもちゃの取り合いなどのトラブルでかみつくならまだ予測できますが、誰かが不意に近づいて起こるかみつきでは難しい。


かみつく子を見ていたつもりが、今は誰もそばにいないから、と思った矢先に他の子が何処かからやってきて噛まれることもしばしば。

要するに、私たち保育者の危機管理が不十分なのですが…


トラブルの結果かみつきが起きるならその原因(おもちゃの数が足りないとか)をなくせますが、『そこに腕があったから』噛む場合は、かみつく子を徹底的に見張る、他児を近づけさせない、などの対処療法しかありません。


かみつきは大人にわからないだけで本人には何かの理由がある、と言われます。
そう言う専門家さんには、早いとこ近くに腕があるだけでかみつく子の心理を解明していただきたいですわ。


答えのない問題に頭を悩ませて解決策を探る過程は知的好奇心を満足させてくれますが、どうしてもそれらしい答えを見つけられずもがく問題が保育にはいくつかありますね。

その問題に同じように取り組む保育者がいたら、まだ幸せな方でしょうか。




1,2歳児クラスでは
かみつき、ひっかきがよく問題になるが
朝夕の送迎時間に頻発するよね、
という話になって同僚がひとこと。



「担任がいない時にやるんだよね」


確かに担任がいる時といない時で
子どもたちは態度が違う。
一般的にちょっと緩む。

けれどもその差があまりに大きいのは危険。


2歳児クラスまで強固な担当制を実践していた園では
担任がいる時といない時の差が激しかった。
彼らは担任の前ではそれなりにいい子だったが、
他の保育士が来るとまったく言うことを聞かなかった。

動物的な本能でこの人がボスと悟るとその人の前ではおとなしく言うことを聞いているが、
集団生活でのルールを守る、という意識はまったく育っていなかったのだと思う。



それは学級崩壊がニュースになり始めた頃の、音楽や図工という専科の先生だと授業にならない状態と同じだ。


子どもたちは相手によって態度を変え、
自分に不利にならないように立ち振舞う術を幼児期に身につけてしまったのかもしれない。



親にも問題はあるけれど
園では担任が子どもと信頼関係を結ぶことを意識せず、
何かをやらせるために怒ってばかりいてはいけないのだと思う。

担任は世の中の大人代表という役割も担っているのだから。

複数担任だと
組む相手によって
仕事のやりやすさが
かなり変わります。

時にこの人どうしよう(; ̄O ̄)
というトンデモナイ人がいますが、
三人以上のチームが多かったので、
それでもフォローしながら
乗り切れました。

しかし、
複数担任自体に慣れていない先生だと
すごーくやりづらい。

自分ひとりの考えで
自分だけやりやすいように
動いてしまうのが困るのである。

正職員ひとりに他はパートだと
エラい人ひとりと小間使い、
みたいになっちゃうことがある。

日案を立てるのは正職員だけでも
実際動く時は
立場は一緒。

子どもをどう見ていくかも
お互いに話をしないとね。


スポーツのチームプレイのように
声をかけあえばいいのだけど、
なかなかうまくいかない。

原因は正職員にもパートの私たちにも
あるんだろう。


うまくいっているクラスも
あるんだけど、
全員の年齢差やキャリア年数も
関わってくるので
やっぱり何らかの意思統一がないと
難しいのかな〜。

私はどんな役割を担えば
いいんだろう。

難しい…!



【私信】
さゆりさんへ
しばらくログインしないでいたら
メールのデータを削除されてしまいました(; ̄O ̄)
もしこちらの記事を読んで下さったら
例のアドレスまでメールを下さい。





保育園について時々言われるのが
「遊んで、ご飯食べて
昼寝して、また遊んで終わりでしょ?」

うーん、そういう園もあるけれど、
保育園がすべてそうではないんだよね。

大抵、幼稚園ママは
保育園のことをよく言わない。
まぁ、わからなくはないんだけどね。

でも保育園が遊ばせてるだけ
っていうのは違うよ、
と声を大にして言いたい。




PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ポジティブ、ネガティブ
    でめ
  • ポジティブ、ネガティブ
    yuki
  • 嬉しいような照れ臭いような
    でめ
  • 嬉しいような照れ臭いような
    さゆり
  • 意外としまむら
    でめ
  • 意外としまむら
    さゆり
  • 今年も悩まされてます
    でめ
  • 今年も悩まされてます
    さゆり
  • 担任の前ではいい子
    でめ
  • 担任の前ではいい子

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM